お墓のお悩みFAQ | 墓石の総合コンサルタント会社

  • 市営・公営霊園にご当選された方へ
  • お墓についてはお悩みの方はこちら
  • 無料相談会の詳細はこちら
  • 西岡営業所へのアクセスはこちら
  • 西岡霊廟
  • 札幌法輪閣
  • 墓石の総合コンサル会社
  • ペット霊園メモリアルパーク虹の橋
  • プライバシーポリシー

お墓のお悩みFAQ

質問

お墓を継ぐ人がいないのですが…。

質問

一般的には、お寺に永代供養をお願いする、霊園施設に永代管理料を納める、ご遺骨を合葬墓へ移管する、といった方法があります。「永代供養」とは、永代にわたって毎年のお盆やお彼岸、命日などに供養をしてもらうことをいいます。「永代管理料」とは、墓地や納骨堂施設の維持管理にかかる費用のことで、施設使用者は毎年納付するのが通例ですが、一定期間分を前納して永代管理をお願いできる場合があります。「合葬墓」とは、血縁関係や家族単位をこえて多数の人と合同で埋葬するお墓のことです。お墓を守っていく継承者がいない場合でも、無縁墓になることはありません。

質問

お墓のことで子どもや孫に掛ける負担を減らすためには、どうしたら良いですか。

質問

生前にご自身のお墓を用意しておく「寿陵」をおすすめします。寿陵しておけば、いざという時に残されたご家族がお墓を建てる負担をなくすことができます。なお、お墓には相続税を支払う必要がないので、生前に寿陵しておくことは、財産を相続する時の節税にもなります。

質問

お墓にお金を掛けたくありません。何か良い方法はありませんか。

質問

収蔵するご遺骨数によりお墓・納骨壇の大きさや価格帯が変わりますが、小さめのシンプルなお墓や、墓石よりさらに費用を抑えられる納骨堂など、さまざまな方法がございますので、是非ご相談ください。

質問

故郷が遠いため、なかなかお墓参りに行けずに困っています。

質問

埋葬したご遺骨をほかの墓地や納骨堂に移す「改葬」という方法があります。新しいお墓(納骨堂)の場所を決めたあとに、故郷の墓地の管理者から収蔵証明書の交付を受けて市区町村役場等で改葬許可書を発行してもらい、ご遺骨を新しいお墓(納骨堂)に納める方法です。くわしいお手続き方法については、お気軽にお問い合わせください。

質問

自分が生きているうちに心配を解消したいと思っていますが、何をしたら良いかわかりません。

質問

当社では毎日無料相談会を開催しており、現在のお墓に関するお悩みや、新しく建てるお墓についてのご質問など、幅広くご相談にのっています。また、豊平区・南区・清田区の区民センターでも、どなたでもご参加いただける「お墓の相談会」を毎月一回開催しています。どうぞお気軽に足をお運びください。

そのほか当社専門スタッフがお答えします
お悩み解決しませんか?